メイン画像

エコを考えるに当たって

エコを考えるに当たって、沢山の注目を寄せられている省エネルギーですが、これらはどれくらい少量のエネルギーを使って、大きな効果をあげることが出来るのかを考慮しているもので、個々が電気エネルギーを使用する際に、いかに節電をしてCO2の排出を減らすかという点がポイントとなってきます。従来の沢山の二酸化炭素を排出する冷蔵庫やエアコンなども、最近は消費している電気を大幅に抑えたものが一般的になってきているようです。電気製品を買う時に、省エネの製品を選択すること等も、個々ができるエコ活動の中の一つと言えますね。

蓄電池は、充電して何回も利用する事ができる電池のことで、近年は住宅や車等に使用することができる大容量の蓄電池が発明されてきています。蓄電池を使用することで、自然災害による停電等でも電力エネルギーを使用することができるのです。また使い方によって大幅に電気の料金を減少させることができ、また太陽光の発電と併用すると、使用しない電力を貯蓄しておき、必要な場合に使用が可能になってきました。自然災害の時に便利な設備として、近年になって多大な注目を集めてきています。

近年太陽光発電に人気が寄せられていますが、設置する際のコストなどが心配だ、といった方もたくさんいるのではないでしょうか。一般の家庭用としては200万円程のコストが必要といわれています。初期にかかる費用は高額だと感じますが、装置を使って発電しそのエネルギーを売ることで、導入費用を回収して元をとるようにすると考えることが出来るのではないでしょうか。またさらに太陽光パネルを導入する際には、国から補助金などが出ることに加え、設置業者により値段が大幅に変化することがありますので、どれほどの期間で導入費用の元をとることが出来るのか、綿密にシミュレーションをしてみてはどうでしょうか?